f0372665_20065398.jpg
今回は経営者様の取材写真です。

File87
多治見まちづくり株式会社 代表取締役 佐藤 金吾様です。


多治見駅から土岐川を渡った先にある観光集積地「本町オリベストリート」へと向かう途中の昔ながらの商店街「ながせ通り」にある会社です。

その歴史の起点は平成11年(1999年)に遡ります。「多治見市中心市街地活性化基本計画」がこの年に策定されました。その後の検討会などにより、中心市街地の活性化のためには民間と行政が一体となって取り組むことが有効であることを確認、平成13年(2001年)その計画事業の実行部隊として設立されました。

『当初の収益プランが計画通り進まなかったことから、設立した当社がうまく機能しない状態が続きました。
その後、他の地域での実績を持つ、まちづくりのキーマンが当社に赴任。
そのスタッフを中心に民間と行政のパイプ役となり、市民とともに汗を流すことでまちづくりの必要性を実感してもらう事を続け、徐々に成果を上げていきました。

現在では市民に定着した「カフェ温土」や一昨年使用開始となった「虎渓用水広場」は、当社が運営しています。
その他にも、「多治見らしさ」にこだわり、「美濃焼」などの産業色をだした企画やおもてなしを仕掛け、市民への意識づくり・団結力の向上に貢献できるようにしています。
今後、駅南ビルが整備されることで、この「ながせ通り」がどのようになっていくのか、気にかかるところですね。

将来の目標として、これからも「公助」の部分を行う地域の担い手として、「共助」(市民の様々な年齢層が共に助ける)ができればと思いますね。
究極的には、「まちづくり」なんて必要ないね。と、言われるのが一番だと思います。その頃には、この会社を「市民株主」に移行できればいいなと思いますね。

最後に、「まちづくり」にお金を掛けると、自分たちに返ってくるんだね。と、思ってもらえるといいなと思います。それが地域の力になりますしね。』と、力を込めて話されました。


写真は、夕暮れどきの「ながせ通り」にて。商店街の照明やマンホールなどが夕陽に反射して光っています。
そして写真の右奥には、オフィスでもある「クラフトショップたじみ3号館」があります。
佐藤様には、寒い中道路に立って頂きました。撮影の合間でも、近くのお店の方々が通るたびに笑顔で気さくにお話しをされていたのが印象的でした。やはり、この街にこの会社は愛されているんですね。
長時間にわたり、取材をさせていただき、ありがとうございました。


名 称 : 多治見まちづくり株式会社
所在地 : 多治見市本町3丁目80番地
電 話 : 0572-23-2636
URL : http://tajimi-tmo.co.jp/

使用機材: Nikon D4 80-200mm f2.8
パーミル フォトオフィス 写真家の林政司でした。
--------------------------------------------------
『岐阜の出張カメラマン』ホームページはこちら!
http://www.demaephoto.jp/
TEL 0574-49-9910

『出張カメラマンの経営者取材ブログ』はこちら!
http://permillkei.exblog.jp/

当ブログは、クライアント用の撮影機材を使用・制作処理をした上で作品掲載しています。
文章、作品は、許可を頂いた上で掲載しています。
なお、掲載データの販売・利用をご希望の方は、事前にお問い合わせください。

※転載・複製等はご遠慮ください。
  ブログリンクは歓迎します。但し、その旨をお知らせ下さると嬉しいです。
  一部機種で広告が表示されるようですが当方とは関係有りません。
---------------------------------------------------

# by permill_keiei | 2018-02-25 20:00

f0372665_18311777.jpg
今回は経営者様の取材写真です。

File86
株式会社コンフォートデコー 代表取締役 鳥飼 友美様です。


多治見市内に事務所を構え、住宅等のインテリアパース・間取り(3Dモデル)を制作しています。

もともとは、他業種の企業に勤めていたという鳥飼様。
しかし、40歳までに起業したい、とも思っていたそうです。
それは、今までのオフィス生活で、「何かに所属するのは効率的ではない」と、感じたから。
その気持ち、言葉では上手く伝えられないですが、私自身も起業した人間であることから何となく分かります。

この事業のきっかけはご自身の家を建てることになった時の事。
家づくりの企業の皆さんはプロなので分かることも、実際に家を建てる人は素人で、図面を見ても判らない。自分の家を造るのに、私自身は素人であることに、もどかしさを感じました。何か分かる方法を、と探した結果、3Dモデルを発見しました。
しかし、これを作るにも高額で、二の足を踏んでしまいました。「それなら自分でやってしまおう」と、思って始めたのでした。実際にやった結果、思いの込められたご自身の家は無事に完成しました。
その後、同じように悩むご家族が多いのでは?と考えて、2016年11月に起業しました。
そして昨年2017年3月、多治見市起業支援センターの審査承認を受け、現在は起業支援センターのオフィスに入居しています。

ご結婚、そして子育てもされている中での企業と、ここに至る経緯も、一筋縄ではなかった様です。
ただ、ご自身の思いが熱く、そして真っ直ぐ且つ強い事で、ご家族の皆さんの助けが得られているご様子。素晴らしい事ですね。

将来は、3Dモデルだけではなく、家を建てる個人の方が思い通りの家を造れるようなお手伝いをしたいですね、と優しく語ります。


写真は、鳥飼様のオフィス内にて。
「どうしましょうか。緊張しますね~。」と、言われながらもだんだんと緊張がほぐれ、笑顔で撮影に応じていただきました。
長時間にわたり、取材をさせていただき、ありがとうございました。


名 称 : 株式会社コンフォートデコー
所在地 : 多治見市新町1-23 多治見市産業文化センター
電 話 : 070-2223-2896
URL : http://www.comfortdecoresc.com/

使用機材: Nikon D4 24-70mm f2.8
パーミル フォトオフィス 写真家の林政司でした。
--------------------------------------------------
『岐阜の出張カメラマン』ホームページはこちら!
http://www.demaephoto.jp/
TEL 0574-49-9910

『出張カメラマンの経営者取材ブログ』はこちら!
http://permillkei.exblog.jp/

当ブログは、クライアント用の撮影機材を使用・制作処理をした上で作品掲載しています。
文章、作品は、許可を頂いた上で掲載しています。
なお、掲載データの販売・利用をご希望の方は、事前にお問い合わせください。

※転載・複製等はご遠慮ください。
  ブログリンクは歓迎します。但し、その旨をお知らせ下さると嬉しいです。
  一部機種で広告が表示されるようですが当方とは関係有りません。
---------------------------------------------------

# by permill_keiei | 2018-01-25 18:00

f0372665_20172126.jpg
今回は経営者様の取材写真です。

File85
有限会社 大恵 専務取締役 安藤 栄剛様です。


多治見市内に事業所を構え、伝統ある工法で木造の家を建てる棟梁(とうりょう)です。
出来る限り岐阜県産の木材を使い、長持ちする家を造ることにこだわっています。

最近木造建築では、「床板工法」が主流になっています。この工法は大工さんが少なくて済むし、工期も短縮出来るそうです。
対して、伝統的工法と言われる「根太(ねだ)工法」は、手間がかかる事から最近は減っています。しかし、たわみにくいこと、そして修繕し易いことなどから、結果的に長持ちし、安くすむと私は考えています。
実際、最近の木造住宅は30年経ったら建替え、と考える方も多くなってきました。
これは、伝統的工法に携わる人間からするととても悲しいですね。
私は、自分の建てた家は自分が生きているうちに壊されたくないですね。勿論それを言えるだけの「いいものを造っている」という自負もありますしね。

「いいもの」を造るためにこだわっている事。
それは、木材を直接目利きしての仕入れ。それがあるから、良い材料を適材適所にふんだんに使えます。常に1軒分の木材を倉庫に蓄えているので、あの木材をどこに使おうかと、常に考えているんです。その中からそれぞれの家へ、場所へと合わせて使います。だからこそ「安心できる」強度を確保して「良い家」を建てる事が出来るんです。
そして、実際に建てるときにも「こだわり」は続きます。
とにかく真面目に「どの家でも手を抜かず完璧な作業をする」事にこだわります。それが「プロ意識」だと思います。

話は少しそれますが、代表取締役は【匠の国 岐阜県伝統建築家】に認定された安藤桂次様。
安藤様は息子さん。2代目にあたります。
お父様の背中をずっと見て育ってこられた事を考えたら、今迄の言葉は全てうなずけます。

今後の目標は、
先にも出てきましたが、若い大工さんが減っています。それは、ローコスト住宅やプレカット(先に工場で木材をカットする事)が多くなっている事の弊害でもあると思いますが。
このままでは、手刻みなどの技術が途絶えてしまうのではと、心配しています。
技術伝承のために、職人さんを育てていきたいです。

最後に、これから家を建てる人へのアドバイス。
いい家を建てるには、「いい大工さん」を探すことが一番です。と、すぐに言われました。
しかし、これってとても難しい事ですね。何故って、普通は建築会社の名前は出ても棟梁の名前は出ないですからね。と尋ねると、
「それも、どうするかを考えないといけないですね」と、笑顔ですが真剣な眼差しで遠くを見つめられました。


写真は、建設現場にて。
今日は建方の日。棟梁として様々な指示を出される多忙な中、気軽に撮影に応じていただきました。この時、黙々と清掃を続ける職人さんを見て「いい家が出来上がるな」と、私は確信しました。
長時間にわたり、取材をさせていただき、ありがとうございました。


名 称 : 有限会社 大恵
所在地 : 多治見市本町7丁目72番地
電 話 : 0572-23-3539
URL : http://taikei-tajimi.jimdo.com/

使用機材: Nikon D4 17-35mm f2.8.
パーミル フォトオフィス 写真家の林政司でした。
--------------------------------------------------
『岐阜の出張カメラマン』ホームページはこちら!
http://www.demaephoto.jp/
TEL 0574-49-9910

『出張カメラマンの経営者取材ブログ』はこちら!
http://permillkei.exblog.jp/

当ブログは、クライアント用の撮影機材を使用・制作処理をした上で作品掲載しています。
文章、作品は、許可を頂いた上で掲載しています。
なお、掲載データの販売・利用をご希望の方は、事前にお問い合わせください。

※転載・複製等はご遠慮ください。
  ブログリンクは歓迎します。但し、その旨をお知らせ下さると嬉しいです。
  一部機種で広告が表示されるようですが当方とは関係有りません。
---------------------------------------------------

# by permill_keiei | 2017-12-25 20:00

f0372665_20142249.jpg
File84
社会福祉法人 村の木清福会 理事長 大雅 峰宏様です。


可児市内、多治見市内で保育園を3園運営しています。
このうち、ひろみ保育園は、昭和24年に開園、現在68周年と歴史のある保育園です。
先代(父親)が始め、続いてきた歴史を、2年前に理事長として引継ぎました。

当園の特徴でもあり、意識している事。それは、保育の質を上げることは勿論なのですが、その上で職員が楽しく働ける環境であることが重要だと考えています。その結果として、園児もにこにこと、すくすくと成長していくと思います。
しかし、これは言うほど容易いことではありませんでした。職員の思いが同じだったからこそ、やり遂げることが可能だったと感じています。

全国的には、今年が待機児童のピークだと言われています。
そんな中で、今年4月に可児市と多治見市にそれぞれ新しい保育園を開園させました。
だからこそ、職員の思いを一つにする事が重要と考え、この4月からの数か月間は、いつもにも増して、とても忙しい日々でした。

自身での目標として、今の形を次世代に引き継ぐことだと考えています。
32年後には創立100周年を迎えます。その時にも地域の人々に信頼を得られる社会福祉事業を運営していたいと考えています。

最後に、いま考える事ですが。現代では、親の関わり方を考えることがとても重要だと思います。実際に子供間の格差が生じていると感じることがあります。
子供には何の責任もないのですが。そのためにも我々が出来ることをやっていかなくてはならないと感じています。


写真は、園庭にて。
緊張しますね~と、言われながらもステキな笑顔で撮影させて頂きました。
長時間にわたり、取材をさせていただき、ありがとうございました。


事業所名: 社会福祉法人 村の木清福会
所在地 : 可児市広見751番地
電 話 : 0574-63-5369
URL : http://www.muraki.or.jp/

使用機材: Nikon D4 24-70mm f2.8
パーミル フォトオフィス 写真家の林政司でした。
--------------------------------------------------
『岐阜の出張カメラマン』ホームページはこちら!
http://www.demaephoto.jp/
TEL 0574-49-9910

『出張カメラマンの経営者取材ブログ』はこちら!
http://permillkei.exblog.jp/

当ブログは、クライアント用の撮影機材を使用・制作処理をした上で作品掲載しています。
文章、作品は、許可を頂いた上で掲載しています。
なお、掲載データの販売・利用をご希望の方は、事前にお問い合わせください。

※転載・複製等はご遠慮ください。
  ブログリンクは歓迎します。但し、その旨をお知らせ下さると嬉しいです。
  一部機種で広告が表示されるようですが当方とは関係有りません。
---------------------------------------------------

# by permill_keiei | 2017-11-25 19:00



f0372665_19542328.jpg

今回は経営者様の取材写真です。

File83
多治見市御幸町に古くから鎮座される、新羅神社の宮司 須永啓之 様です。

 新羅神社の歴史は、奈良時代又は平安時代に遡ります。田只味(多治見)郷に産土神(地元の神社)として 田只味明神の名でご鎮座しました。(今の新富町・上町辺りの土岐川沿い)鎌倉時代には、土岐氏(源氏)に庇護されたこともあり、八幡神(武士の神様)も勧請しました。
この当時の地元の武将として有名なのが 多治見国長公です。しかし、その後の源氏衰退により、神社も衰微していきました。
室町時代に入り、主祭神となる素戔嗚尊(すさのおのみこと)様を新たに勧請し、新羅明神と名を改め、併せて現在の御幸町に遷座しました。


 現在の社殿は、1848年(嘉永元年・江戸末期)に建てられました。
その社殿と境内の陶製灯篭、棟札は、平成18年3月10日多治見市指定有形文化財に指定されました。
この時の調査で、今までは多治見出身の立川流宮大工、野村作十郎が社殿の彫刻を手掛けたとされていましたが、尾張流御用彫物師 彫長一門の早瀬長兵衛によるものであることが判明しました。このご縁は、当時庄屋・陶商として力を持っていた西浦圓治(3代目)の仲取り持ちによるところが大きかったのでしょう。陶磁器で栄えていた多治見の様子が想像できますね。
(私の調査にて、早瀬長兵衛の作としては、主に知多亀崎の山車や乙川の神社彫刻が今に残っているようですが、東濃地域に残るのは珍しいようです。)
 平成24・25年に社殿保存修理事業を実施しました。ありがたいご縁で、文化財建築の権威、名古屋工業大学大学院 麓(ふもと)先生に、調査・設計・監理をして頂きました。


 さて、話は少し逸れましたが、こんな立派な歴史がある当神社を大切に、しかも地元の方たちに親しみを持っていただいて、次代にも発展させていきたいと思っています。
その為に、神社の行事を大切に行っていきたいです。
当神社の例大祭は、10月の連休に催行されます。上町かの神明神社から新羅神社まで戻ってくる行列が行われます。お稚児行列には、市内の他、愛知県からも参加していただいています。
1月5日午前零時に初恵比寿があります。これは元々小路町の旦那さんが中心となり、大正時代に西宮神社から恵比須様をお迎えし、市役所辺りでお祀りをしたことが発祥のようです。
6月30日には、素戔嗚尊(すさのおのみこと)様のご神徳をいただき、無病息災を願う茅の輪神事を3年前から行っています。
その他にも、同じ年に注連縄教室を開催し、翌年からは田植え・稲刈り・刈り取った稲を使っての注連縄作りまでを体験してもらう親子教室を開催しています。
これらの活動は、日本文化を体験してもらえる良い機会になっていると感じます。
今年は、小さなお子さんからご高齢の方でも昇り降りがしやすいように拝殿への石段の段差を低くしたり、車椅子の方でもお参りできるよう参道のデコボコの改良をしました。
9月には、文化財である社殿のすぐ目の前まで開放して、社殿で奏でる演奏を楽しんでいただくお月見コンサートを開催しました。
これらの活動が、街の活性化に少しでもつながってくれればとの思いです。

 多治見駅周辺の賑わいで集まった人々は土岐川へ進み、自然が溢れる川べりで水に親しみます。そして対岸の魅力に誘われて川を渡り、川南の歴史文化を楽しみ、うなぎをはじめとした食を満喫し、おなかも気持ちも一杯にして帰っていただく。このようなルートが出来ればと思います。
私は川南が発展するには、「土岐川を思わず渡ってしまう工夫」が必要と考えています。
地元に楽しい、良いものがたくさんあることに気づいて頂き、何度でも来てもらえるようになれば嬉しいですね。


最後に、これからの夢ですが、特定の人だけではなく、タテ(世代)の繋がりも増えるといいと思います。そして、神社っていいね!と、思ってもらえると嬉しいですね。

写真は、境内にて。
例大祭の催行でお忙しい一日、暑い日でしたが、にこやかに撮影に応じていただきました。
長時間にわたり、取材をさせていただき、ありがとうございました。


社 名 : 新羅神社(しんらじんじゃ)
所在地 : 岐阜県多治見市御幸町2丁目
電 話 : 0572-22-1658

使用機材: Nikon D4 24-70mm f2.8
パーミル フォトオフィス 写真家の林政司でした。
--------------------------------------------------
『岐阜の出張カメラマン』ホームページはこちら!
http://www.demaephoto.jp/
TEL 0574-49-9910

『出張カメラマンの経営者取材ブログ』はこちら!
http://permillkei.exblog.jp/

当ブログは、クライアント用の撮影機材を使用・制作処理をした上で作品掲載しています。
文章、作品は、許可を頂いた上で掲載しています。
なお、掲載データの販売・利用をご希望の方は、事前にお問い合わせください。

※転載・複製等はご遠慮ください。
  ブログリンクは歓迎します。但し、その旨をお知らせ下さると嬉しいです。
  一部機種で広告が表示されるようですが当方とは関係有りません。
---------------------------------------------------


# by permill_keiei | 2017-10-25 19:00

f0372665_18062837.jpg
今回は経営者様の取材写真です。

File82
めぐみの農業協同組合 代表理事組合長 山内 清久 様です。
2016年6月、(JAめぐみの)組合長に就任しました。

JAめぐみのとは、岐阜県下に7組合ある中の1組合で、管内エリアは5市2郡、面積は岐阜県の約23%を占めています。南部の可児市(海抜44.2m)から北部の郡上市(海抜1,810m)までの高低差、気候も大きく異なる広範囲にわたります。

長年、農林行政に携わってきましたが、組合長に就任して感じるのは、「組合員のニーズに応えて事業をやってきた」と、いう事です。
JAは本来、名前の通り農業振興のための組織ですが、当組合はそれだけに限らず、農村部のライフラインを確保することも重要な役割になっています。
なぜなら、当管内には中山間地などの人口減少地域が多く存在していて、民間企業では経営が成り立たず、撤退を余儀なくされるからです。

だからこそ、「地域で無くしてはいけない組織」だと思います。しかし、時代の変化と共に直さなくてはいけない所も多くあると感じています。また、JAをもっと身近に感じて貰えるようにアピールも必要です。常に「組合員さんの目線に立って進めていく」事が重要ですね。

管内の北部、郡上市高鷲町で、真夜中2時から収穫作業をする農家さんの話を聞きました。
新鮮で純白な大根を消費者に届けるため、手掘りの収穫作業を行っているとの事でした。
夏場はほとんど休みもなく働き、きついけれどもやりがいのある仕事。後継者はいるが、このままでは継がせたくない。それを聞いて、現代の日本農業の縮図の様だと感じました。
こうした農業の現場を消費者にきちんと伝えていく事も、JAの大事な仕事の1つです。

私のモットーは、「迷ったら一歩前へ、やらずに後悔はするな」です。
現在、当組合の若手職員が自ら課題を提起して、新たな行動を始めています。やった上での責任は私が取るので、結果を恐れず、前へ向かって進めて貰っています。
「この2年が勝負、様々な変革が必要な時期なので責任は重いですが、やりがいもあります」
と、お話を頂きました。


写真は、組合長室にて。
「写真撮られるのは難しいよね」と、はにかみながら撮影に臨まれました。
長時間にわたり、取材をさせていただき、ありがとうございました。

事業所名: めぐみの農業協同組合
所在地 : 岐阜県関市若草通1-1
URL : http://www.ja-megumino.or.jp

使用機材: Nikon D4 60mm f2.8
パーミル フォトオフィス 写真家の林政司でした。
--------------------------------------------------
『岐阜の出張カメラマン』ホームページはこちら!
http://www.demaephoto.jp/
TEL 0574-49-9910

『出張カメラマンの経営者取材ブログ』はこちら!
http://permillkei.exblog.jp/

当ブログは、クライアント用の撮影機材を使用・制作処理をした上で作品掲載しています。
クライアント様に関する作品は、許可を頂いた上で掲載しています。
なお、掲載データの販売・利用をご希望の方は、事前にお問い合わせください。

※転載・複製等はご遠慮ください。
  ブログリンクは歓迎しますが、その旨をお知らせ下さると嬉しいです。
 (励みになりますので^^;)
  一部機種で広告が表示されるようですが当方とは関係有りません。
---------------------------------------------------

# by permill_keiei | 2017-09-25 18:00

f0372665_19061304.jpg
今回は経営者様の取材写真です。

File81
シンガーソングライター 佐藤 梓 様 です。

岐阜県多治見市出身、自ら作詞・作曲を手掛け、LIVE活動、企業・学校の楽曲制作などを行っています。

物心ついた頃から「歌う人になりたい」と、思うようになっていました。
それは、子供の頃にコンサートに連れていってもらう中で、音楽の楽しさにどんどん引き込まれていったような感じですね。
その中でも、「トラや帽子店」のコンサートで聴いた音楽が好きになり、今でも幼稚園や保育園で開催するコンサートでは、当時を懐かしみながらこの時の曲を歌っています。

シンガーソングライターとして活動を始めた約7年前、大切な方との出逢いがありました。その方には、音響として、プロデューサーとして、重要な時には全て支えてもらっていました。その方との出逢いがあって今があると、自分で思っています。
しかし、昨年の夏、帰らぬ人になりました。それは、ちょうど昨年の多治見市の花火大会の日でした。曇り空の中、ほんの一瞬、会場に居た私のところに陽が差し込みました。後から分かったのですが、最期はその頃だったそうです。私は、その時会場を見に来てくれたのだと思っています。悲しかったのですが、気力を振り絞って花火大会でのライブを終えました。

今年の春、多治見市でホールコンサートを開催しました。本当は、昨年開催の予定でしたが、その方が亡くなりスケジュールが進まなくなった事が、延期を決断した大きな理由でした。
延期されたコンサートの最後の曲で、その方の元気な頃の姿が映し出されました。
公私に厳しい方だったので、まさかこんなところで写真が出てくるとは思っていなかったのですが、“同志”の照明さんが、「今日なら許してくれる」と考えての事だったのでしょう。その計らいが嬉しくて、思わず泣いてしまいました。

話は変わりますが、来月の9月3日に“お寺ライブ”を行います。
虎渓山徳林院のご住職様から言われたのがきっかけです。娯楽としてライブを聴くことがあまり無い事と、お寺に様々な方が来て下さるのが嬉くて。
お寺って、メッセージがスーッと心に入ってくる気がします。自然の中だからでしょうか?そして、お客様が喜んでくださる事も楽しみです。折角なので、私が表現したいこと、やりたい事をやろうと思っています。
実は、このお寺さんには、私のおじいちゃんおばあちゃんが眠っています。二人には、子供の頃にキーボードを買って貰ったのですが、今の活動は聴いて貰えませんでした。なので、私の中では、身近に聴いて貰える“奉納”の意味もあります。そんな事もあり、“お寺ライブ”は、今年が5年目になるのですが、10年間続けたいと思っています。
今年も画家の木全 靖陛 さんがコラボしてくださいます。ゲストとして太鼓の喜楽 さん 篠笛の廣瀬 豊 さんもお手伝いして下さいます。

~ お寺ライブ  流風 (りゅうふう) ~
2017年9月3日(日) ・ 入場無料
開催時間 17:30~19:00(16:30開場)
開催会場 虎渓山徳林院 野外ステージ(雨天時は徳林院院内)
住 所 岐阜県多治見市虎渓山町1-40
    ※駐車場は、永保寺駐車場をご利用ください
主 催 お寺ライブ実行委員会

最後にこれからの夢は、「歌い続けたい」です。
色んな方に支えてもらっていますが、私を自慢に思ってもらえる活動をしたいと思います。
そして、色んな人にもっともっと歌を伝えたい。心が安らいで、幸せになってくれて・・・。
そうなったら嬉しいですね。


写真は、“お寺ライブ“会場となる「虎渓山徳林院」にて。
私の思う佐藤梓さんのイメージそのまま、爽やかで可愛らしい雰囲気で来て下さいました。
そのイメージのまま、優しさも伝わるように、との想いで撮影させて頂きました。
長時間にわたり、取材をさせていただき、ありがとうございました。

お名前 : シンガーソングライター 佐藤 梓
URL : http://www.satoazusa.com/

使用機材: Nikon D4 17-35mm f2.8.
パーミル フォトオフィス 写真家の林政司でした。
--------------------------------------------------
『岐阜の出張カメラマン』ホームページはこちら!
http://www.demaephoto.jp/
TEL 0574-49-9910

『出張カメラマンの経営者取材ブログ』はこちら!
http://permillkei.exblog.jp/

当ブログは、クライアント用の撮影機材を使用・制作処理をした上で作品掲載しています。
クライアント様に関する作品は、許可を頂いた上で掲載しています。
なお、掲載データの販売・利用をご希望の方は、事前にお問い合わせください。

※転載・複製等はご遠慮ください。
  ブログリンクは歓迎しますが、その旨をお知らせ下さると嬉しいです。
 (励みになりますので^^;)
  一部機種で広告が表示されるようですが当方とは関係有りません。
---------------------------------------------------

# by permill_keiei | 2017-08-25 18:15

f0372665_19164756.jpg
今回は経営者様の取材写真です。

File80
一級建築士事務所 マヂス設計工房 所長 長谷川 幸生様 です。

一級建築士として、主に個人住宅などの設計監理を行っています。
また、多治見修道院など、多治見市内の文化的価値の高い建築物の調査などもされています。
「団地では同世代の方ばかりが住んでいますね。同世代なので、考え方もほぼ同じです。様々な年代が住み、ミックスした環境があることで多様性が生まれ、豊かな社会になると思いますけどね。」と、建築家だからこその視点で話が始まりました。

新興住宅地は建物の形が一緒ですよね。だから、建物の印象が残らないです。
道案内の時も「建物の形」ではなく、「何番目の家」と言う言い方をしないと判らないですからね。
なぜそうなっているのか?それは、住む人だけの問題ではなく、建てる側の問題でもあります。
それは、家を建てるのに職人技(大工・左官・宮大工など)が必要なくなっているという事です。確かに、特別な技術が必要ないことで建物を造るのは便利で早くなりました。
しかし、今あるもの(住宅)は勿論、文化財など、重要な建物も直せなくなってきています。
実際に、文化財を修復するのに、遠くから大工を連れてくるといった事も起きています。それは、結果的に作業する人が限定され、高コストになるという事です。

現在を生きる建築家として出来ること、それは、少しでも伝統技術を多く使う設計にしたいという事です。
実際に伝統技術を使うことで、コストアップするのでは?と思われるのですが、トータルで考えるとそんなことは無い筈です。例えば、無垢材は長期使用に耐えられるように自分自身で変色していきます。逆に、一度塗装すると10年後には再び塗らないといけないですね。

特に個人住宅を造るときに感じるのは、その家族が新しく建てる家にどのような想いを持っているのか?どのような暮らしをしていきたいのかをしっかりと決めることで、初めて家が建てられるということ。ここが決まらない場合は、設計を辞退することもあります。その様な場合でも、改めて家族で決められて再びお願いして頂く事が多いですね。このときは設計者冥利に尽きますね。

最後に、これからの目標を伺うと、「この社会に自分の居た証をどこかに残したいですね」と、私から見ると既に多くの建物を建てられて、十分に証が残っているように感じますが。
誰から見ても形が残る建築家の仕事は改めて素敵だと思いました。

写真は、工房内にて。
「昔は設計した家の模型を作ったりしていたけど、最近は時間がなくてね。コンピュータ化されて時間が有るはずなのにね」と、設計のお話をさせて頂きながら、撮影をさせていただきました。
長時間にわたり、取材をさせていただき、ありがとうございました。

名 称 : 一級建築士事務所 マヂス設計工房
所在地 : 多治見市広小路4-39
URL : http://www.magis1985.com/
E-mail : info@magis1985.com
連絡先 : 0572-22-2493

使用機材: Nikon D4 24-70mm f2.8
パーミル フォトオフィス 写真家の林政司でした。
--------------------------------------------------
『岐阜の出張カメラマン』ホームページはこちら!
http://www.demaephoto.jp/
TEL 0574-49-9910

『出張カメラマンの経営者取材ブログ』はこちら!
http://permillkei.exblog.jp/

当ブログは、クライアント用の撮影機材を使用・制作処理をした上で作品掲載しています。
クライアント様に関する作品は、許可を頂いた上で掲載しています。
なお、掲載データの販売・利用をご希望の方は、事前にお問い合わせください。

※転載・複製等はご遠慮ください。
  ブログリンクは歓迎しますが、その旨をお知らせ下さると嬉しいです。
 (励みになりますので^^;)
---------------------------------------------------

# by permill_keiei | 2017-07-25 19:12

f0372665_21294033.jpg
今回は経営者様の取材写真です。

File79

株式会社シティホテル美濃加茂 代表取締役会長 本田 敏彦様 です。
JR高山本線 美濃太田駅前にそびえ立つ8階建てのホテルです。
東レ株式会社のホテル部門で福岡・防府や、赤坂・東京地区総支配人などを歴任、手腕を乞われて美濃加茂に来られてから、今年で19年目になります。

「ホテルは敷居が高い」とは、よく聞く言葉です。でも、お客様に喜んで頂く事、臨機応変に対応することが大切です。この仕事は忍耐力がないと勤まらないと思います。でも、難しい事ではないと考えています。
何故かというと、「ホテルマンは、お客様を家族と思えばいいんです」そうすることで、お客様が何を求めているのか、自然体で接することが出来るはずです。
利用される側には「ホテルに行くときは、ワンランク上のスタイルで」と呼びかけます。
地元のほか全国各地での講演活動も多く、書籍や新聞などからも依頼があり、執筆活動もされています。「ご依頼を頂けるのはありがたいことです。市民がホテルを気軽に利用し、ワンランク上の楽しみを感じて頂く事で、街が発展していくきっかけにして頂けると嬉しいですね。」

赴任当初はホテルウェディングも多く、自身もブライダルミニスター(司式者)の資格を取得して、これまで200組以上の幸せづくりのお手伝いをしてきました。最近は少子化やハウスウェディングの進出で結婚スタイルも変わってきました。しかし、ホテルならでわの強みもあると考えています。日本昭和村や明治村での結婚式など、ここにしかない歴史や伝統を生かすなど、「おもてなし」だけではなく「快適性」も高め、ご家族・ご友人が本当に喜ぶサービスを提供して、「結婚の素晴らしさ、式を挙げて良かった」と感じられる様々な提案をしています。

最後に、これからの目標を伺うと、「私は現在73歳、これからのブライダル事業に関わる人材をしっかり育成して、結婚される方々へのサービスを高めていきたいですね」
そのための公益社団法人日本ブライダル文化振興協会のメンバーの一員として、人材育成にたずさわってきました。今、待望だった「業界検定の国家検定化事業」も、ようやく方向性が見えてきました。働く人達に誇りを持ってできるようにしたいといつも考えています。

写真は、ホテル内の一室にて。ホワイエで撮影しようと考えていましたが、お客様が多く、ご迷惑となりそうなので。「おかげさまで、今日も地元の皆さんの会合がいくつかありまして」と、市民が楽しそうな表情でホテルに来られている様子を見て、満面の笑顔です。
長時間にわたり、取材をさせていただき、ありがとうございました。

名 称 : 株式会社シティホテル美濃加茂
所在地 : 美濃加茂市太田町2565-1
URL : http://www.cityhotel-minokamo.jp/
連絡先 : 0574-27-1122

使用機材: Nikon D4 80-200mm f2.8
パーミル フォトオフィス 写真家の林政司でした。
--------------------------------------------------
『岐阜の出張カメラマン』ホームページはこちら!
http://www.demaephoto.jp/
TEL 0574-49-9910

『出張カメラマンの経営者取材ブログ』はこちら!
http://permillkei.exblog.jp/

当ブログは、クライアント用の撮影機材を使用・制作処理をした上で作品掲載しています。
クライアント様に関する作品は、許可を頂いた上で掲載しています。
なお、掲載データの販売・利用をご希望の方は、事前にお問い合わせください。

※転載・複製等はご遠慮ください。
  ブログリンクは歓迎しますが、その旨をお知らせ下さると嬉しいです。
 (励みになりますので^^;)
  一部機種で広告が表示されるようですが当方とは関係有りません。
---------------------------------------------------

# by permill_keiei | 2017-06-25 21:29

f0372665_18051014.jpg
File78
岐阜善光寺 第22世 住職 松枝 秀晃(しゅうこう)様 です。
戦国時代に織田信長公が善光寺如来様(ご本尊)を持出し、岐阜に迎えられます。(その前は武田信玄公が長野の善光寺から甲斐に持ち出していました)これが岐阜善光寺の起源とされています。因みに数ある善光寺の中でもご本尊を祀ったことのある寺は4寺しかなく、岐阜善光寺はその一寺となります。
「宗派を超えて何人(なんびと)も受け入れる」これが善光寺信仰の特徴で、創建以来、女性の参拝者も多いのです。男性の参拝が多かったお伊勢参りとは一線を画していますね。
現在、全国には75,000から80,000のお寺があると言われています。この数はコンビニよりも多いのです。人口減少している現代ではお寺が減るのは、ある意味当然です。
お寺という存在は遠いようで、弁護士さんと同じく、いざという時にしか関心を持ってもらえないのも勿体無いですね。
だからこそ、本来の寺の役割を自問自答しつつ、果たしていきたいと考えています。
それは、「人の集う場」と言うこと。お寺に来てもらい、仏教を身近に感じてもらうこと。
このために、様々なイベントを行っています。長良川温泉泊覧会(おんぱく)での「死の体験旅行」・1メートルの箸を使った「極楽箸」などです。
今年で開催から3年となった「善光寺大門まるけ」(マルシェ)を毎月15日に開催しています。昨年11月にはメ~テレにも取り上げて頂きました。
また、5年間の海外滞在の経験を生かして、「英語で座禅体験」も開催しています。
最近、「イベント屋さんみたい」と言われることもあるそうですが、「仏教を身近に感じて貰えている事の裏返しなので嬉しいですよ」と、苦笑いをされます。
お寺のお仕事は勿論、歴史の事、仏教と関わる地名の由来など、様々なことを伺いました。
私自身、熱心な仏教徒でもないし、神道でもないし、勿論キリスト教徒でもありません。ただ、歴史好きな私としては(興味があるだけですが・・・)、歴史と絡めてお話を伺うことが出来たことでとても楽しく、理解し易かったです。
最後に、これからのテーマを伺ったところ、「お布施とは何だと思いますか?」と逆に質問をされました。
お布施とは、「布施行(ふせぎょう)」と言って、仏教での行(ぎょう)の一つされています。施す人・受ける人・布施(布施されるもの)が全て清浄でなければならないとされています。つまりお互いの損得勘定ではなく、自分の意志で行う物なのです。
よく、「お布施はおいくらですか?」と言われる方がありますが、あくまで「お気持ち」なのです。お賽銭も自分で決められるでしょう?それと同じなのです。
どれだけの価値を見出すか?悩み、決めることこそが重要なんですよ・・・、と。
写真は、本堂内にて。「出来れば本堂内で撮影させて頂きたいのですが・・・」と、恐縮しながら伺ってみたら、「いいですよ!」と、素早いご返事。
ご本尊の近くで撮影させていただくなんて怒られるのでは、と思って緊張していましたが気軽に応じて頂いて、ありがたい気持ちになりました。
長時間にわたり、取材をさせていただき、ありがとうございました。

名 称 : 岐阜善光寺
所在地 : 岐阜市伊奈波通1-8
URL : http://gifu-zenkoji.jp/
連絡先 : 058-263-8320
メール : info@gifu-zenkoji.jp

使用機材: Nikon D4 24-70mm f2.8
パーミル フォトオフィス 写真家の林政司でした。
--------------------------------------------------
『岐阜の出張カメラマン』ホームページはこちら!
http://www.demaephoto.jp/
TEL 0574-49-9910

『出張カメラマンの経営者取材ブログ』はこちら!
http://permillkei.exblog.jp/

当ブログは、クライアント用の撮影機材を使用・制作処理をした上で作品掲載しています。
クライアント様に関する作品は、許可を頂いた上で掲載しています。
なお、掲載データの販売・利用をご希望の方は、事前にお問い合わせください。
※転載・複製等はご遠慮ください。
  ブログリンクは歓迎しますが、その旨をお知らせ下さると嬉しいです。
 (励みになりますので^^;)
  一部機種で広告が表示されるようですが当方とは関係有りません。
---------------------------------------------------


# by permill_keiei | 2017-05-25 20:04